連載

金言

欧州総局長、外信部長などを歴任した小倉孝保論説委員のコラム。

連載一覧

金言

料理人の社会的責任=西川恵

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <kin-gon>

 農水省が主催する第8回料理人顕彰制度「料理マスターズ」の授与式が7日、東京都内で行われた。詳細は同省ホームページを見てもらうとして、技術、意識の両面でレベルの高い料理人が選ばれるこの顕彰制度は、おいしい料理を作るだけではダメで、農業や漁業の生産者などとの「協働」も審査対象となる。

 今年の審査会は9月に持たれた。私も審査委員の末席に名を連ねたが、委員の一人、辻芳樹氏(辻調理師専門学校校長)が「料理マスターズの候補になる料理人を見ると、生産者とのいい協働がやっと生まれつつあると思う」と述べた。どういうことなのか、改めて話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1013文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集