メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

国宝展 京都国立博物館から 素直な目に実物迫る=清水有香(大阪学芸部)

ほぼ等身大で描かれた「伝源頼朝像」。多くの人が熱心に見入っていた=京都市東山区の京都国立博物館で、小松雄介撮影

 「モーレツに素人たれ」とは美術家、岡本太郎(1911~96年)の言葉だ。芸術に向き合う時、斜に構えた玄人的な見方をするのではなく、無邪気かつ素直に見る「はだかの目の正しさ」を太郎は唱えた。現在、京都市東山区の京都国立博物館(京博)で開催中の特別展覧会「国宝」(26日まで)を訪れ、まずは自らの「はだかの目」で実物を味わうことの大切さを改めて感じた。国宝の重々しい雰囲気から自由になり、驚きや疑問といった実感を得ることに鑑賞の醍醐味(だいごみ)があると思う。

 京博開館120年を記念した本展は、国宝のうち建造物を除いた美術工芸品885件の約4分の1にあたる2…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2066文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  4. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  5. 選挙 桜井市長選で自民党県連が松井氏を推薦 /奈良

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです