メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千種ゆり子・お天気みちくさ

温暖化、自分にできること

ドイツ・ボンで6日に開幕した国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)。昨年発効した「パリ協定」は、産業革命前からの世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目指している=AP

 10月30日、国連は2016年の大気中の二酸化炭素濃度が記録的な高さになったと発表しました。世界気象機関(WMO)の報告書によると、大気中の二酸化炭素濃度は16年は403・3ppm(ppmは100万分の1、体積比)。15年は400ppmだったので、1年で3・3ppmの上昇です。たった3・3か、と思うかもしれませんが、このたった3・3ppmの変化が重大な変化なのです。報告書では、この変化は「今まで経験したことのない」急激なものだと結論付けられています。

 「今まで経験したことのない」というワードは、報道の現場でもよく取り上げられます。ニュースはたいてい…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです