メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税を考える週間

座談会 社会支える意義広く

 2019年10月に消費税率の10%への引き上げが予定されるなど、税への関心が高まっている。11~17日の「税を考える週間」に合わせ、建材加工・太陽光発電施工会社「ゴウダ」(大阪府茨木市)の合田順一社長▽政府税制調査会委員の岡村忠生・京大大学院教授▽タレントの小塚舞子さん▽大阪国税局の橋本元秀局長--の4人に税務行政のあり方について意見交換してもらった。【司会・亀井正明毎日新聞社会部長、構成・山崎征克、写真・三村政司】

この記事は有料記事です。

残り3606文字(全文3817文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです