メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税を考える週間

座談会 社会支える意義広く

 2019年10月に消費税率の10%への引き上げが予定されるなど、税への関心が高まっている。11~17日の「税を考える週間」に合わせ、建材加工・太陽光発電施工会社「ゴウダ」(大阪府茨木市)の合田順一社長▽政府税制調査会委員の岡村忠生・京大大学院教授▽タレントの小塚舞子さん▽大阪国税局の橋本元秀局長--の4人に税務行政のあり方について意見交換してもらった。【司会・亀井正明毎日新聞社会部長、構成・山崎征克、写真・三村政司】

この記事は有料記事です。

残り3606文字(全文3817文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り 閉幕 騒動よそに熱気あふれる
  2. 阿波踊り 熱気受け総踊り強行 絶賛、批判の声交錯 徳島市自粛再要請 会場に怒号、一時騒然 /徳島
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  5. 羽生結弦選手 映画「殿、利息でござる!」は“例外出演” 出演快諾の理由と熱い思い明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです