メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税を考える週間

座談会 社会支える意義広く

 2019年10月に消費税率の10%への引き上げが予定されるなど、税への関心が高まっている。11~17日の「税を考える週間」に合わせ、建材加工・太陽光発電施工会社「ゴウダ」(大阪府茨木市)の合田順一社長▽政府税制調査会委員の岡村忠生・京大大学院教授▽タレントの小塚舞子さん▽大阪国税局の橋本元秀局長--の4人に税務行政のあり方について意見交換してもらった。【司会・亀井正明毎日新聞社会部長、構成・山崎征克、写真・三村政司】

この記事は有料記事です。

残り3606文字(全文3817文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]