鳥インフルエンザ

陽性確定 松江

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 島根県は9日、松江市の宍道湖湖岸で回収された野鳥のコブハクチョウの死骸からH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。環境省によると、国内の鳥インフルエンザ発生の確認は今季初。

 死骸は今月5日に回収され、県が6日、簡易検査で陽性反応が出たと発表。鳥取大の検査で確定した。環境省…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

あわせて読みたい

ニュース特集