メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動物ふれあい村

アルパカ赤ちゃん つぶらな瞳で人気

ぱっちりした瞳で来園者を見つめるアルパカの赤ちゃん(左は母ミラカ)=兵庫県赤穂市の動物ふれあい村で2017年11月9日午前10時10分、松田学撮影

 兵庫県赤穂市御崎の赤穂海浜公園内にある動物ふれあい村で、アルパカの赤ちゃん(雌)が人気を集めている。ぱっちりした目で来園者を見つめたり、母ミラカに寄り添って歩いたりする姿は何とも可愛らしい。

 アルパカは南米に生息。純白のふわふわした体毛に包まれた愛らしい容姿から“アンデスの妖精”とも形容される。赤ちゃんは先月8日に生まれた。1カ月が過ぎ、体重は6.8キロから11キロに成長。名前はまだなく、世話をする緒方卓也村長は「来週中には決めたい」と話している。

 午前10時~午後3時(土・日曜日、祝日は午後4時)。火・水曜日休園。入園料は3歳以上500円。問い合わせは同村(0791・43・2820)。【松田学】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]