メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都教委調査

過労死ライン超え 中学教諭7割

 東京都教育委員会が9日に公表した都内公立学校の「教員勤務実態調査」で、「過労死ライン」に達する週20時間以上の残業をしていた中学校教諭が7割近くに達したことが分かった。土日の部活動指導に多くの時間を割いているのが主な原因とみられる。都教委は来年度の予算編成で、部活動指導員の活用などを要求した。

 調査は今年6~7月、都内の公立小中高校と特別支援学校の計105校を抽出して連続7日間の勤務実態を尋ね、3380人から回答を得た。文部科学省は同種の全国調査を既に実施しているが、都独自の調査は今回が初めて。

 調査結果によると、一般企業などの過労死ライン(残業月80時間)に相当する週60時間以上の勤務をした教諭は、小学校37.4%▽中学校68.2%▽高校31.9%▽特別支援学校43.5%--となっている。

 職種別で1週間の勤務時間が最も長かったのは小中高校、特別支援学校とも管理職の副校長で、いずれも65時間以上勤務していた。

 土日の部活動指導時間は中学校教諭が最も長く、計4時間22分に及んだ。

 都教委はこの日「学校における働き方改革推進プラン(仮称)」の中間まとめも公表。過労死ラインを超える教員数をゼロにすることや、土日のどちらか一方は必ず休養することなどを目標に盛り込んだ。【芳賀竜也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 英シャーロット王女が初登園、キャサリン妃撮影の写真を公開
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 世界の雑記帳 英ジョージ王子が初登校、緊張の面持ちで教室へ
  4. 森友文書改ざん 佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検
  5. 覚醒剤密輸 家族旅行装い、夫婦逮捕 神奈川県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]