小児がん患者支援

故加藤旭さん曲を演奏 23日、東京で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
加藤旭さん=2015年8月16日、宇多川はるか撮影
加藤旭さん=2015年8月16日、宇多川はるか撮影

 小児がん患者支援のための「チャリティーセミナー&コンサート」が23日、東京都千代田区のイイノホールで開かれる。脳腫瘍と闘いながら作曲活動を続け16歳で亡くなった加藤旭(あさひ)さん=神奈川鎌倉市=の楽曲を、ピアニスト小林亜矢乃さんが演奏する。セミナーでは、医師らが小児がん治療について講演。医療情報と音楽が融合したイベントだ。

 旭さんは4歳から作曲を始めたが、13歳で脳腫瘍を発症。徐々に視力を失い自力で立てなくなったが、「自分の曲を何かに役立てたい」と闘病中も作曲を続け、生涯を通し約500曲を作った。

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文742文字)

あわせて読みたい

注目の特集