TPP11

米国抜きで発効 閣僚会合で大筋合意

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
茂木敏充経済再生担当相=太田穣撮影
茂木敏充経済再生担当相=太田穣撮影

 【ダナン(ベトナム中部)赤間清広】環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は9日、ベトナム・ダナンで閣僚会合を断続的に開き、11カ国による協定(TPP11)発効で大筋合意に達した。10日に首脳会合を開き、大筋合意を最終確認する。米国離脱で一時は宙に浮いたTPPの枠組みは11カ国で存続することが固まった。

 茂木敏充経済再生担当相は9日夜「閣僚レベルで大筋合意した。高いレベルでバランスが取れた合意ができた」と述べた。詳しい内容は首脳に報告後、公表すると語った。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文983文字)

あわせて読みたい

注目の特集