メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11大筋合意

米復帰前提で一致 保護主義包囲拡大

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は9日、交渉開始からわずか半年で11カ国の協定(TPP11)の大筋合意に到達した。米国離脱で一時漂流の危機に直面したが「将来的な米国復帰」にTPP枠組み維持への活路を見いだした。急ピッチで議論が進んだ背景には「米国第一主義」を掲げるトランプ政権に通商政策の変更を促したい思惑もあった。

 TPPは2016年2月に12カ国で合意したが、今年1月に米国が離脱。12カ国の国内総生産(GDP)…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです