メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

宍道湖のコブハクチョウからウイルス…今季初

 島根県は9日、松江市の宍道湖湖岸で回収された野鳥のコブハクチョウの死骸からH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。環境省によると、国内の鳥インフルエンザ発生の確認は今季初。

 死骸は今月5日に回収され、県が6日、簡易検査で陽性反応が出たと発表。鳥取大の検査で確定した。環境省…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  2. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  3. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです