メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

宍道湖のコブハクチョウからウイルス…今季初

 島根県は9日、松江市の宍道湖湖岸で回収された野鳥のコブハクチョウの死骸からH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。環境省によると、国内の鳥インフルエンザ発生の確認は今季初。

     死骸は今月5日に回収され、県が6日、簡易検査で陽性反応が出たと発表。鳥取大の検査で確定した。環境省は13~15日に緊急調査チームを派遣する。

     県によると、半径10キロ圏内の養鶏農家など21戸のうち、100羽以上の農場6戸で異常がないことを確認しており、その他の養鶏場は今後、立ち入り検査などを実施する。【根岸愛実】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
    2. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
    3. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
    4. 第100回全国高校野球 大阪大会、来月7日開幕 南北の2地区で /大阪
    5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]