メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浜名湖

金色のアカエイ保護 「まるで金メダル」

浜名湖で見つかった金色のエイ=浜松市西区の浜名湖体験学習施設で

 静岡県の浜名湖で漁師が仕掛けた網に金色のアカエイがかかり、浜松市の浜名湖体験学習施設で保護されている。体は直径約10センチで、丸みを帯びて尾の先まで金色に輝く姿は「まるで金メダル」と関係者が喜んでいる。

     同施設によると、保護されたエイは遺伝子の突然変異で体の色素が欠乏したアルビノとみられる。数カ月前に生まれたばかりの赤ちゃんで、水槽で元気に泳いでおり、近く公開される予定。

     年明けに開幕する平昌五輪を前に姿を現した金色のエイ。飼育担当の杉村達樹さん(30)は「日本選手が金メダルを獲得する予兆では」と期待する。【竹田直人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
    2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
    4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
    5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]