メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の園遊会

各界の功労者ら2000人が出席

秋の園遊会に出席され、リオデジャネイロ・パラリンピック競泳メダリストの木村敬一選手(手前右から5人目)と握手を交わす天皇、皇后両陛下=東京・元赤坂の赤坂御苑で2017年11月9日午後2時33分、小川昌宏撮影

 天皇、皇后両陛下が主催される秋の園遊会が9日、東京・元赤坂の赤坂御苑であり、招待された各界の功労者ら約2000人が出席した。昨夏のリオデジャネイロ・パラリンピックで活躍した選手も招かれ、両陛下や皇族方は、祝福やねぎらいの言葉をかけたり、メダルを手に取ってみたりと、秋晴れの下で和やかに歓談した。

 両陛下が、競泳男子(視覚障害)でメダル4個を獲得した木村敬一選手の手を取って「おめでとうございます」などと話しかけると、木村選手は笑顔を見せ、練習や今後の試合の話題で話が弾んだ。今年3月に両陛下がベトナムを訪問した際の晩さん会で、地元の盲学校の子供たちと演奏した音楽家の小室哲哉さんも出席。両陛下のねぎらいに小室さんは「これからも懸け橋になりたい」と応じた。

 また、両陛下は熊本市の大西一史市長から、熊本地震の復興状況を聞いた。災害関連死の多さなどに話が及び、陛下は「これからも被災者のためにつとめてください」と話した。

 婚約が内定した秋篠宮家の長女眞子さまは招待者からの祝福に、笑顔で「ありがとうございます」と応じられた。【山田奈緒】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 外国人技能実習 来日費用100万円、足かせ 滞る返済
  2. 福岡・小6いじめ入院 長期不登校「重大事態」 有識者委、調査始める /福岡
  3. NHK 特番で安室さん「デビューあれば絶対引退が来る」
  4. そこが聞きたい 慰安婦問題 日韓合意1年 元アジア女性基金専務理事・和田春樹氏
  5. 自民・竹下氏 同性パートナー出席に反対 宮中晩さん会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]