メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野口飛行士

「50代に夢を」19年末からISSに半年

ISSの模型を前に、意気込みを語る野口聡一宇宙飛行士=東京都のJAXAで2017年11月9日午後3時ごろ、斎藤有香撮影

 2019年末ごろから約半年間、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在することが決まった宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一宇宙飛行士(52)が9日、東京都内で記者会見した。

 予定通り打ち上げられると、日本人宇宙飛行士としては最年長の54歳で、ISS滞在中には55歳を迎えることについて「まさか自分が55歳になるまで現役と思わなかった。子どもたちだけでなく、50代にも夢を与えたい」と意気込みを語った。

 野口さんの宇宙への初飛行は05年。03年にスペースシャトル「コロンビア」の空中分解事故で飛行が凍結され、再開された最初の搭乗だった。2回目は09年で、日本人で初めてロシアのソユーズ宇宙船でISSを往復した。今回はISSとの往復で、米国企業が開発中の新型有人宇宙船に搭乗する可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです