医師過労死

遺族が提訴 時間外「月300時間」 水戸

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 水戸済生会総合病院(水戸市)に勤務していた男性医師(当時47歳)が死亡したのは、過重労働が原因として、遺族が病院を運営する社会福祉法人恩賜財団済生会を相手取り、約2億2000万円の損害賠償を求める訴訟を水戸地裁に起こした。死亡前の時間外労働は月300時間近くに上っていたとしている。9日に第1回口頭弁論があり、被告側は姿勢を明らかにしなかった。

 訴状によると、男性医師は2000年4月から同病院の消化器内科に勤務。14年11月15日午後2時15分ごろ、病院内のソファで、うつぶせに倒れて死亡していたのを発見された。死因は不詳だったが、原告側は「死因は急性心筋梗塞(こうそく)あるいは心停止とみられ、過重労働が原因」と主張している。水戸労働基準監督署は16年4月に労災認定している。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文668文字)

あわせて読みたい

注目の特集