メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医師過労死 遺族が提訴 時間外「月300時間」 水戸

 水戸済生会総合病院(水戸市)に勤務していた男性医師(当時47歳)が死亡したのは、過重労働が原因として、遺族が病院を運営する社会福祉法人恩賜財団済生会を相手取り、約2億2000万円の損害賠償を求める訴訟を水戸地裁に起こした。死亡前の時間外労働は月300時間近くに上っていたとしている。9日に第1回口頭弁論があり、被告側は姿勢を明らかにしなかった。

 訴状によると、男性医師は2000年4月から同病院の消化器内科に勤務。14年11月15日午後2時15分ごろ、病院内のソファで、うつぶせに倒れて死亡していたのを発見された。死因は不詳だったが、原告側は「死因は急性心筋梗塞(こうそく)あるいは心停止とみられ、過重労働が原因」と主張している。水戸労働基準監督署は16年4月に労災認定している。

 男性医師は通常の勤務に加え、午後5時~午前9時の当直と、休日の午前9時~午後5時の日直がそれぞれ月1回あり、救急患者や入院患者を診察。茨城県内の独立行政法人の産業医として月数回の勤務も割り当てられていた。30分以内に駆け付けられるよう待機する「オンコール」と呼ばれる担当も月5回あり、しばしば夜間に呼び出されて病院内のソファで寝泊まりしていたという。

 また同病院は正確な勤務時間を把握しておらず、時間外労働の割増賃金は月60時間分しか支払われなかったという。入院患者への対応などで事実上休日出勤が強制されており、14年の完全な休日は夏休みの5日程度だったとしている。

 毎日新聞の取材に対して、同病院は「現時点ではコメントできない」としている。【加藤栄】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
  3. どうすれば安全安心 夜に何度も目が覚める 1カ月続いたら受診を
  4. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  5. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]