メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイスダンス

小松原・コレト組 北京見据えるカップル

東日本選手権で演技するアイスダンスの小松原、コレト組=甲府市内で2017年10月27日、福田智沙撮影

 フィギュアスケートのアイスダンスで、2022年北京五輪を見据えるカップルがいる。10日に開幕するグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯(大阪)に出場する小松原美里(倉敷FSC)ティム・コレト(米国)組だ。昨季にチームを結成し、全日本選手権で3位に入った後の今年1月に結婚。公私ともにパートナーとなり、二人三脚で階段をあがっていく。

 今季は9月のロンバルディア杯(イタリア)で、チームを組んで初めて国際大会に出場。この大会はNHK杯の開催国枠の出場チームを決める選考会でもあった。2人は8位に入って別の日本の組を上回る成績を収め、NHK杯の出場権を勝ち取った。

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです