メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱交渉 離脱清算金、溝埋まらず EU、方針提示迫る

英国のEU離脱を巡る交渉を終え、記者会見するEUのバルニエ首席交渉官(右)と英国のデービスEU離脱担当相=ブリュッセルで10日、ロイター

 【ブリュッセル八田浩輔】英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉の第6回会合が10日、ブリュッセルで2日間の日程を終えた。EUが英国に支払いを求める手切れの清算金を巡る見解の相違は埋まらず、EUのバルニエ首席交渉官は、年内に貿易協議入りを決断するには、英国が今後2週間以内に明確な方針を示す必要があると迫った。

 バルニエ氏は記者会見で「12月に十分な進展につなげられるかどうかは決定的に重要だ」と強調。EUは1…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1105文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです