琵琶湖

水草、空から把握 京大と滋賀県、衛星画像で分布推定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
人工衛星を利用した琵琶湖の水草量の推定図
人工衛星を利用した琵琶湖の水草量の推定図

 京都大と滋賀県琵琶湖環境科学研究センターが、同県の琵琶湖の水草について人工衛星の画像分析で分布や量を推定することに初めて成功したと発表した。湖上からの調査では分からなかった繁茂の全体像を把握でき、湖の環境改善に役立つ成果という。

 藻類など水中で育つ水草は稚魚の生育の場として重要である一方、過剰に茂ると船の航行に支障が出たり、取水口を塞いだりする。これまで県などは船からの音波測定やダイバーによる潜水で調査してきたが、広大な湖で全容をつかむのは難しかった。

 今回、京大大学院の山敷庸亮教授らは人工衛星による琵琶湖付近の観測データを活用し、光の波長などから水の透明度を分析。水草の分布や生え方の濃密、繁茂の量を推定する手法を開発した。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文639文字)

あわせて読みたい

注目の特集