メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「仕事を始めてから、人と違うことは強みだと思えるようになりました」

 大阪市を拠点に活動するアートディレクター、カツミさん(43)は穏やかな笑みを浮かべた。赤と緑、緑と茶など、一部の色の区別が難しい「色覚多様性」の持ち主で、色弱者や色覚少数派とも呼ばれる。日本人男性の20人に1人、女性の500人に1人の割合でいるとされる。

 雑誌、広告などのデザインのほか、イラストも自ら手がける。色の調整で家族の手を借りることもあるが、明…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文462文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです