メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7年目の被災地

宮古の魚でペットのおやつ 売り上げ、保護犬飼育費に 梶山さん「最期の日まで世話」 /岩手

作業場の「ほにほに亭」で小魚を材料に「ペットのおやつ」を手作りする梶山幸江さん=宮古市実田で

 宮古市魚市場に水揚げされた小魚を原料にしたペットのおやつを、同市崎山の梶山幸江さん(41)が手作りし、販売を始めた。ワンちゃんが大好きな健康食品。売り上げは東日本大震災で飼い主を失うなどした保護犬の飼育費に回している。【鬼山親芳】

 双子の妹で犬の訓練士の久江さんから話を持ちかけられたのがきっかけ。久江さんは震災の津波で家を失い、愛犬を連れて避難所で暮らした。不自由を強いられたその体験を生かし、2人が住んでいる自宅の庭に犬の相談所「あそぼう〓タロちゃん」を開設。震災に遭った犬や、虐待されたり、飼育放棄されたりした二十数匹を保護し、飼育している。そのための運営費と餌代を工面する必要があった。

 原料の小魚は市内の鮮魚店の好意で分けてもらっている。サバ、アジ、カレイ、ドンコなどが主で、商品にならないサイズの小魚。圧力鍋で煮てすり鉢で粉末に。つなぎに小麦粉を混ぜ、平らにして焼き、乾燥機で乾かす。粉末にせずに内臓を取り除いてそのまま乾燥機にかけるおやつも。調味料や保存料、添加物は使わない。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです