メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核のごみ

「地層処分」方法や立地話し合い 甲府で「科学的特性マップ」意見交換会 /山梨

「科学的特性マップ」についての意見交換会=甲府市飯田1の県JA会館で

「核のごみ」考える

 原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向け、政府が地質学的な適否を推定した全国地図「科学的特性マップ」についての市民向け意見交換会が10日、甲府市の県JA会館で開かれた。約80人が参加し、核のごみを地下深くに埋める「地層処分」の方法や処分地の選定について話し合った。【松本光樹】

 意見交換会は、経済産業省と、核のごみを処分する実施主体である原子力発電環境整備機構(NUMO)の共…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文687文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]