メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かがしコンテスト

相生の風物詩、かがしロードに1000体 藤井四段、小池都知事も /兵庫

“かがしロード”沿いに飾り付けられた力作ぞろいのかかし=兵庫県相生市矢野町瓜生で、松田学撮影

 相生市の晩秋の風物詩「羅漢の里 もみじまつり かがしコンテスト」(相生市観光協会主催)が11日、始まる。同市矢野町瓜生の自然公園「羅漢の里」周辺の農道沿いには、19日まで趣向を凝らした約1000体のかかしが並ぶ。

 西播地方を中心にした82団体、個人41人が出展。“かがしロード”とも呼ばれる約800…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです