メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

和歌山・岩橋夜間学校 市民がボランティアで設置 未就学者救済、公立化を /和歌山

岩橋夜間学校が開かれている自宅で、仲間と「たこ焼きパーティー」を楽しむ北川順子さん(右から2人目)ら=和歌山市岩橋で、吉本拓司さん提供

 存在や活動で高い評価を得ながら、明確な法的根拠がなかった「夜間中学」が、不登校の児童、生徒への対応を強化しようと昨年成立した「教育機会確保法」で初めて、その名が明記された。文部科学省も「少なくとも各都道府県に1校」を設置する意向を示した。県内の現状はどうだろうか。

 夜間中学は1947年、昼間に働く生徒らを主な対象に発足。県内に公立の夜間中学はないが、和歌山市に2000年から市民がボランティアで「岩橋夜間学校」を開いている。生徒の北川順子さん(75)の自宅団地が「学校」で、第2、第4火曜の夜、北川さんら3人が学んでいる。

 「これまで冷たかった文科省が、夜間中学を増設する意向を繰り返し表明し、時代は変化している。和歌山で…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです