メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

県内パトロール実施 宍道湖岸、新たに陽性反応2羽 /島根

宍道湖沿岸や湖面の鳥を確認する職員=松江市岡本町で、根岸愛実撮影

 県鳥獣対策室は10日、松江市で今季国内で初めて野鳥の死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、全県一斉パトロールを実施した。また同日、県は宍道湖岸で発見されたキンクロハジロとユリカモメの死骸から簡易検査で、今季3、4例目となるA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応を確認したと…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです