交通安全ステッカー

もっと2人で走りたかった 交際相手がバイク事故死 内子の崎岡さん、遺志継ぐ /愛媛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ライダーが集う撮影イベントで愛車とともに笑顔を見せる中田未希さん=アイクコーポレーション提供
ライダーが集う撮影イベントで愛車とともに笑顔を見せる中田未希さん=アイクコーポレーション提供

FBで全国のライダーが購入

 バイク事故を一つでも減らしたい--。事故で交際相手を亡くした内子町論田の会社員、崎岡健彦さん(30)らが、交通安全を呼びかけるステッカーを作った。フェイスブックを通じ、全国のライダーが購入しているという。収益は交通安全グッズの寄贈などに充てられる。「このステッカーを見てくれた人が少しでも安全運転を心がけてくれたら」。崎岡さんらはそんな思いで活動を続けている。【中川祐一】

 事故で亡くなったのは西予市内に住む看護師、中田未希さん(当時23歳)。今年6月19日朝、崎岡さんの自宅を出てバイクで出勤中、見通しの悪い県道で対向してきた軽トラックと正面衝突した。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1337文字)

あわせて読みたい

注目の特集