特集

第100回高校ラグビー 大分東明(大分)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する大分東明(大分)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

県予選決勝 「花園」切符懸け、あす激突 31連覇中の大分舞鶴VS初出場狙う大分東明 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)県予選の決勝が12日、大分市の市営陸上競技場で開かれる。キックオフは午後1時5分。31連覇中の大分舞鶴か、初出場を狙う大分東明か。昨年の決勝でも戦った2校が、聖地「花園」への切符をかけて再び激闘する。決勝を前に、チームの特徴や意気込みなどを紹介する。【尾形有菜、柳瀬成一郎】

 準々決勝、準決勝と完封勝ちするなど王者の貫禄を見せている舞鶴。ずばぬけた「エース」はいないが、堀尾大輔監督(45)は「だからこそ誰かに頼るのではなく、結束がしやすい」と話す。昨年はフォワード(FW)中心のチームだったが、センターを務めていた同校OBの堀尾監督が今年4月に就任。バックス(BK)強化に取り組み、攻撃の幅を広げた。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文760文字)

あわせて読みたい

注目の特集