メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼所

データ不正 「閉鎖性が原因」 再発防止策、検査記録自動化へ

 神戸製鋼所は10日、アルミ・銅製品などの品質データ不正の問題で、原因究明の結果と再発防止策を公表した。原因として品質よりも収益や納期を優先する風土などを挙げ、データの改ざんや捏造(ねつぞう)ができないよう検査データの記録の自動化を推進するなどの再発防止策に取り組むとした。

 川崎博也会長兼社長は同日、経済産業省に報告書を提出した後に記者会見し、「皆様に多大なご迷惑をおかけしていることをおわびします」と改めて謝罪。経営責任については「(第三者による)外部調査委員会の報告書を参考に最終的な原因と対策をまとめた後、しかるべき段階で判断する」と述べた。報告書では、原因として▽収益…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです