メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

不協和音 カナダ、NAFTA意識 大筋合意再確認

主なTPP参加国の思惑

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国による新協定「TPP11」を巡り、ベトナム・ダナンで10日午後に予定されていた首脳会合での合意が先送りされたのは、カナダが土壇場で難色を示したためだ。すでに前日に閣僚レベルでは「大筋合意」したが、ここにきて不協和音が表面化した形。今後の運営に不安を残した。【浜中慎哉】

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 首相、解散・総選挙「断行ちゅうちょない」 会見速報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです