メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

作家・伊集院静さん 日本人の軸見つめて

=東京都千代田区で、丸山博撮影

 サントリーの創業者、鳥井信治郎を描いた伊集院静さん(67)の小説『琥珀(こはく)の夢』上・下巻(集英社)が刊行された。伊集院さんが初めて経済人を主人公に、その情熱、信条を通して「日本人とは何か」に迫っている。信治郎の生きる姿には、作家自身もまた逆照射されてくる。

 原稿が上がるのが夜中の2時を過ぎることがある。腹が減っている。東京の定宿付近で開いているのはまずいすし屋だけ。カウンターの隅に座り、ふと思う。「なんで俺は、こんなところで1人でまずいすしをつまんでいるんだろう。いや、どうしてこういう人生になってしまったんだろう」

 師と仰ぐ色川武大さんとギャンブルざんまいの日々を送っていた頃、同じような姿を見たことがある。「私には確信がある。あの時、先生は『どうしてこうなったんだろうか』に近いことを考えていたんじゃないか」。作家になったのに高尚な理由はないのだという。

この記事は有料記事です。

残り1299文字(全文1684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  2. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  3. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  4. ORICON NEWS 『半妖の夜叉姫』公式が注意喚起、スタッフのなりすましツイッター確認

  5. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです