メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

羽生、試練の道 回復次第、五輪連覇に暗雲

 フィギュアスケート男子で五輪連覇を狙う羽生結弦(ANA)が大きな試練に直面した。平昌五輪を約3カ月後に控えて迎えたグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯。10日、ショートプログラム(SP)を夜に控えたぎりぎりのタイミングで欠場を決めた。

 羽生は9日午後の公式練習で、4回転ジャンプの中でも難度の高いルッツに挑んで着氷に失敗し、右足首をひねるように転倒して負傷した。この日、羽生は体調不良で発熱しており、ルッツで転倒する前にも4回転トーループの軸が傾き、4回転ループで2度転倒。4回転サルコウの回転も抜けた。ジャンプの難度を落とした構成での演技も検討したが、羽生は練習から果敢に挑み、結果的に負傷してしまった。

 4回転ルッツは羽生も10月のロシア杯で初めて挑み着氷したばかり。まだ成功率は高いとはいえない。それ…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1009文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです