メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山・加計学園

獣医学部新設 認可、受験生は歓迎 狭き門「チャンス増える」

加計学園が建設中の岡山理科大獣医学部(手前)。後方は今治市街=愛媛県今治市で2017年11月10日、本社ヘリから大西岳彦撮影

 来年4月の開学が事実上決まった加計学園の岡山理科大獣医学部。文部科学省の前事務次官が認可反対を公言し、国会での審議が続く異例の状況下で、学生の募集が本格化することになった。

 西日本にはなかった私立大の獣医学部誕生に、受験生や予備校からは「選択肢が広がる」と歓迎の声が上がった。

 小学生のころから獣医師になるのが夢という松山市の私立高3年の女子生徒(18)は、獣医学科がある北海道の大学の推薦入試を受ける予定だが、岡山理科大獣医学部の受験も考えている。「獣医学部(科)は狭き門なので、チャンスが増えてうれしい。昨年『1期生になれる獣医学部が愛媛にできるかも』と先生に言われ、関心を持っていた」と声を弾ませた。

 開学の是非が政治問題化したことについては「正直、何が本当のことか分からない。ただ、獣医が足りないか…

この記事は有料記事です。

残り2013文字(全文2368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです