1型糖尿病

「理由明示せず年金停止」患者9人が国提訴へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 幼少期に発症することが多い「1型糖尿病」の患者9人が障害基礎年金を打ち切られたのは不当だとして、国に年金の支給再開を求める訴えを月内に大阪地裁に起こす。国は明確な理由を示さないまま、支給要件となる障害2級の認定を取り消しており、9人は「病状が改善していないのに突然打ち切られたのは納得できない」と主張している。

 提訴するのは大阪、奈良、福島3府県に住む26~48歳の男女9人。いずれも未成年時に発症し、20歳で障害基礎年金を申請して障害等級2級と認定された。

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1175文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集