自民・細田氏

参院選と改憲国民投票 同時実施に慎重姿勢

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の細田博之・憲法改正推進本部長は10日、毎日新聞のインタビューに応じ、2019年夏の参院選と改憲案の国民投票を同時に実施する可能性について「改憲案の議論が選挙戦に左右される。おのおのを独立して考えるのが筋だ」と慎重な考えを示した。

 自民党内では来年中の国民投票を目指す意見や、19年参院選と同…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

あわせて読みたい