TPP11

不協和音 カナダ、NAFTA意識

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
主なTPP参加国の思惑
主なTPP参加国の思惑

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国による新協定「TPP11」を巡り、ベトナム・ダナンで10日午後に予定されていた首脳会合での合意が先送りされたのは、カナダが土壇場で難色を示したためだ。すでに前日に閣僚レベルでは「大筋合意」したが、ここにきて不協和音が表面化した形。今後の運営に不安を残した。【浜中慎哉】

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文694文字)

あわせて読みたい

注目の特集