メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

不協和音 カナダ、NAFTA意識

主なTPP参加国の思惑

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国による新協定「TPP11」を巡り、ベトナム・ダナンで10日午後に予定されていた首脳会合での合意が先送りされたのは、カナダが土壇場で難色を示したためだ。すでに前日に閣僚レベルでは「大筋合意」したが、ここにきて不協和音が表面化した形。今後の運営に不安を残した。【浜中慎哉】

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文694文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「美しい顔」と芥川賞=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]