メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

不協和音 カナダ、NAFTA意識

主なTPP参加国の思惑

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国による新協定「TPP11」を巡り、ベトナム・ダナンで10日午後に予定されていた首脳会合での合意が先送りされたのは、カナダが土壇場で難色を示したためだ。すでに前日に閣僚レベルでは「大筋合意」したが、ここにきて不協和音が表面化した形。今後の運営に不安を残した。【浜中慎哉】

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  3. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 世耕氏「印象操作だ」 テレ朝は直接おわび 「批判」と「謝罪」への違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです