メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

大筋合意再確認 閣僚会合、首脳に報告へ

 【ダナン(ベトナム中部)赤間清広、朝日弘行】米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は10日、ベトナム・ダナンで予定していた首脳会合を中止した。11カ国による協定(TPP11)の大筋合意にカナダが難色を示したためで、首脳がそろう11日までの首脳会合開催は困難となった。ただ、10日夜に開いた閣僚会合でカナダの閣僚を含めた全閣僚で大筋合意を確認。TPP11の大筋合意について閣僚がそれぞれの首脳に報告することとなった。

 茂木敏充経済再生担当相は10日深夜、記者団に「閣僚で大筋合意したことを11カ国で再確認した。改めて閣僚として合意した」と説明。「首脳会合は開かない。各国が大筋合意を踏まえて作業を進める」と述べた。茂木氏は9日深夜に大筋合意を発表し、「米国復帰の土台ができた」と意義を強調していた。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです