メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

大筋合意再確認 閣僚会合、首脳に報告へ

 【ダナン(ベトナム中部)赤間清広、朝日弘行】米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は10日、ベトナム・ダナンで予定していた首脳会合を中止した。11カ国による協定(TPP11)の大筋合意にカナダが難色を示したためで、首脳がそろう11日までの首脳会合開催は困難となった。ただ、10日夜に開いた閣僚会合でカナダの閣僚を含めた全閣僚で大筋合意を確認。TPP11の大筋合意について閣僚がそれぞれの首脳に報告することとなった。

     茂木敏充経済再生担当相は10日深夜、記者団に「閣僚で大筋合意したことを11カ国で再確認した。改めて閣僚として合意した」と説明。「首脳会合は開かない。各国が大筋合意を踏まえて作業を進める」と述べた。茂木氏は9日深夜に大筋合意を発表し、「米国復帰の土台ができた」と意義を強調していた。

     ベトナムとともに共同議長を務める日本政府は9日深夜、閣僚会合でTPP11の大筋合意に達したと発表。10日の首脳会合で合意内容を最終確認する予定だったが、カナダのトルドー首相が直前に「首脳レベルで確認できる状態にない」と首脳会合の中止を求めた。

     安倍晋三首相は10日午後、ダナンでトルドー首相と会談。当初20分の予定が1時間近くに及び、カナダの説得を続けたとみられる。安倍首相は同日夕、記者団に「他のすべての首脳は合意が確認できる段階に至っているが、残念ながらカナダは首脳が確認できる段階ではないということだった」と述べた。

     一連の交渉では、米国がTPPに復帰するまでの間、一時的に実施を先送りする「凍結項目」を巡って関係国の意見が対立。カナダはベトナムの労働規制問題などに難色を示していた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
    2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
    3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
    4. 訃報 穂積隆信さん 87歳=俳優 「積木くずし」執筆
    5. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです