京都・清水寺

1000本のモミジ、灯りに浮かび

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋の夜間特別拝観前の試験点灯でライトアップされた清水寺。本堂は「素屋根」で覆われている=京都市東山区で2017年11月10日午後7時49分、山崎一輝撮影
秋の夜間特別拝観前の試験点灯でライトアップされた清水寺。本堂は「素屋根」で覆われている=京都市東山区で2017年11月10日午後7時49分、山崎一輝撮影

 京都市東山区の世界遺産・清水寺で10日夜、秋の夜間特別拝観(11日~12月3日)を前に、約500基の照明が試験点灯された。檜皮(ひわだ)ぶき屋根のふき替えのため半世紀ぶりに「素屋根」で覆われた本堂(国宝)の前で、赤や黄に色付き始めた約1000本のモミジが浮かび上がった。

 紅葉の見ごろは11月下旬。点灯は午後5…

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文234文字)

あわせて読みたい

注目の特集