メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

気になる羽生の「平昌五輪切符」 転倒で負傷

GPシリーズ第4戦のNHK杯を欠場 日本男子の出場枠は3

 フィギュアスケート男子で五輪連覇を狙う羽生結弦(ANA)が大きな試練に直面した。平昌五輪を約3カ月後に控えて迎えたグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯。10日、ショートプログラム(SP)を夜に控えたぎりぎりのタイミングで欠場を決めた。

 羽生は9日午後の公式練習で、4回転ジャンプの中でも難度の高いルッツに挑んで着氷に失敗し、右足首をひねるように転倒して負傷した。この日、羽生は体調不良で発熱しており、ルッツで転倒する前にも4回転トーループの軸が傾き、4回転ループで2度転倒。4回転サルコウの回転も抜けた。ジャンプの難度を落とした構成での演技も検討したが、羽生は練習から果敢に挑み、結果的に負傷してしまった。

 4回転ルッツは羽生も10月のロシア杯で初めて挑み着氷したばかり。まだ成功率は高いとはいえない。それでも「挑戦しないと僕らしい演技は絶対できない。ジャンプは相棒のようなもの」と言う。現状維持では納得できず、スケートをする意味を見いだせないのだろう。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです