メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

気になる羽生の「平昌五輪切符」 転倒で負傷

GPシリーズ第4戦のNHK杯を欠場 日本男子の出場枠は3

 フィギュアスケート男子で五輪連覇を狙う羽生結弦(ANA)が大きな試練に直面した。平昌五輪を約3カ月後に控えて迎えたグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯。10日、ショートプログラム(SP)を夜に控えたぎりぎりのタイミングで欠場を決めた。

 羽生は9日午後の公式練習で、4回転ジャンプの中でも難度の高いルッツに挑んで着氷に失敗し、右足首をひねるように転倒して負傷した。この日、羽生は体調不良で発熱しており、ルッツで転倒する前にも4回転トーループの軸が傾き、4回転ループで2度転倒。4回転サルコウの回転も抜けた。ジャンプの難度を落とした構成での演技も検討したが、羽生は練習から果敢に挑み、結果的に負傷してしまった。

 4回転ルッツは羽生も10月のロシア杯で初めて挑み着氷したばかり。まだ成功率は高いとはいえない。それでも「挑戦しないと僕らしい演技は絶対できない。ジャンプは相棒のようなもの」と言う。現状維持では納得できず、スケートをする意味を見いだせないのだろう。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです