メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおもり人模様

初の女性ねぶた師・北村麻子さん(35) 父を師に、伝統に新風を /青森

ねぶた師の北村麻子さん。後方は大賞の「紅葉狩」=青森市内で

 <あおもり人模様(ひともよう)>

 今年の青森ねぶた祭で最高賞「ねぶた大賞」と「最優秀制作者賞」をダブル受賞した。大型ねぶたを作る職人「ねぶた師」として2012年にデビュー。初の女性ねぶた師として注目を集めた。「子供たちにとってねぶたは輝き続けなければならない」。文化継承への責任を感じつつ、伝統に新風を吹き込もうとしている。

 父は「第6代ねぶた名人」の隆さん(69)。小さいころからねぶた作りを間近で見てきた。ただ、子供の頃の夢は結婚して家族を持つことだったといい、20代半ばまで巫女(みこ)やアパレル関係など職を転々とした。

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです