メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性がん患者サイト

共感の輪 治療相談や経験談交えコミュニケーション「仲間がいて心強い」 /神奈川

開設4カ月で登録者300人

 乳がんを経験した横浜市の女性らがインターネット上に開設した、女性特有のがん患者サイトが、患者同士の共感の輪を少しずつ広げている。開設から約4カ月で登録者は約300人となり、9日にはiPhone(アイフォーン)用の無料アプリの配信も始めた。【宇多川はるか】

 このサイト「Peer Ring(ピアリング)」(https://peer-ring.com)は、乳がん、子宮がん、卵巣がんなどに直面した女性のための無料会員制SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。治療の記録や思いを記す日記や質問コーナーで患者同士がコミュニケーションを図れるほか、経験者の手記や患者向けセミナー開催などの情報発信もしている。

 運営する一般社団法人「オンライン・ピアサポート研究会」(横浜市)によると、会員の約半数は40代。同…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文834文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです