メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやまスポーツ・お宝を巡る

筒井敬三さんのユニホーム 日米野球で奮闘 /和歌山

筒井敬三さんのユニホーム=和歌山市本町のわかやまスポーツ伝承館で、石川裕士撮影

 1949年に開催された戦後初の日米野球に出場した海南市出身のプロ野球選手がいた。南海ホークスなどで活躍した筒井敬三さん。川上哲治さん(巨人)ら並み居るスター選手とともに全日本メンバーに名を連ね、米国チーム相手に奮闘。その試合で着たとみられるユニホームが、わかやまスポーツ伝承館(和歌山市本町2フォルテワジマ3階)で展示され、郷土出身選手の足跡を伝えている。

 筒井さんは旧制海南中学(現海南高)、横浜専門学校(現神奈川大)を経て、46年に南海ホークスの前身・…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文625文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. ミシェル・オバマの生き方に共感広がる 回顧録「マイ・ストーリー」が全世界で1000万部突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです