メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

日本料理人 鴛海貞夫さん /山口

鴛海貞夫さん

「飾り盛り」で「現代の名工」に 鴛海(おしうみ)貞夫さん(66)

 2015年5月、イタリア・ミラノ。国際博覧会(万博)の会場で、大勢が見守る前でフグ刺しをひき、大空を舞うツルの形に飾る「鶴盛り」など妙技を披露し、欧州の人々を仰天させた。

 確かな飾り盛り技術や、後進の育成活動が評価され、卓越した技能者を表彰する今年度の「現代の名工」に県内でただ一人選ばれた。「ミラノのせいでしょう」と照れるが「きれいな料理を追求できる」和食への愛着と探求心は、どこまでも旺盛だ…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです