メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

日本で生きるチベット難民(その1) いつか帰りたい故郷

患者を診察する武蔵台病院の西蔵ツワン院長=9月19日、竹内紀臣撮影

 埼玉県日高市にある一般病院「武蔵台病院」の院長は日々多忙だ。65歳だが、外来診療や回診に飛び回り「お加減どうですか?」と気さくに声をかける。柔和な笑顔を絶やさない院長の名は西蔵(にしくら)ツワン。52年前に来日したチベット難民で、チベットでの名はツワン・ユーゲルという。すっかり日本に溶け込んでいるせいか「患者さんに驚かれることもあるんですよ」。いたずらっぽくほほ笑む。

 南北を山脈に挟まれ、独自の文化を築いてきたチベット。1949年に建国した中国は軍を進駐させ、支配下…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文662文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです