メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

日本で生きるチベット難民(その1) いつか帰りたい故郷

患者を診察する武蔵台病院の西蔵ツワン院長=9月19日、竹内紀臣撮影

 埼玉県日高市にある一般病院「武蔵台病院」の院長は日々多忙だ。65歳だが、外来診療や回診に飛び回り「お加減どうですか?」と気さくに声をかける。柔和な笑顔を絶やさない院長の名は西蔵(にしくら)ツワン。52年前に来日したチベット難民で、チベットでの名はツワン・ユーゲルという。すっかり日本に溶け込んでいるせいか「患者さんに驚かれることもあるんですよ」。いたずらっぽくほほ笑む。

 南北を山脈に挟まれ、独自の文化を築いてきたチベット。1949年に建国した中国は軍を進駐させ、支配下に置いた。59年、抵抗するチベット族が武力で鎮圧されると、チベット仏教の最高指導者で政治的権威も持つダライ・ラマ14世(82)はインドに逃れ、チベット亡命政府を樹立。後を追って何万人ものチベット族が険しい山々を越えていった。その中にツワン少年もいた。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです