メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

11カ国TPP 薄氷「決着」、発効に不安 カナダ難色で混乱

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)は参加11カ国が大筋合意に達したものの、一度は賛同したカナダが一転して合意に難色を示すなど、薄氷の決着となった。協定案の一部には、今後の各国の調整で解決が必要な項目も残っており、来年初めの署名や、発効には不安を残す。日本はTPP合意で米国の復帰を期待するが、トランプ政権は2国間の貿易交渉を優先させる姿勢を崩していない。【ダナン(ベトナム中部)赤間清広、ワシントン清水憲司、中井正裕】

 「最後の最後まで大変な事件、ハプニングがあったが、よくまとめることができた」。TPP11の大筋合意…

この記事は有料記事です。

残り2794文字(全文3063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです