メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP23

米、州や企業存在感 パリ協定順守アピール

州政府などが作るパビリオンで「米国の約束」と記したプラカードを掲げ、パリ協定にとどまる姿勢を示す米国人ら=ドイツ・ボンで11日、五十嵐和大撮影

 【ボン五十嵐和大】ドイツ・ボンで開催中の国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)の会場で11日、米国の州やNPO、企業などがつくる「非政府」パビリオンのメインイベントが開かれた。

 トランプ大統領がパリ協定離脱を宣言し、米政府もCOP恒例のパビリオン出展を見合わせる中、米国人の参加者は「我々は協定を順守する」と訴え、引き続き地球温暖化対策に取り組む姿勢をアピールした。

 パビリオンの名称は「米気候行動センター」。気候変動などに関する国連特使を務めたマイケル・ブルームバ…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文562文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです