メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

日本で生きるチベット難民(その2止) 日本に育てられ

回診中、笑顔を見せる武蔵台病院の西蔵ツワン院長=9月19日、竹内紀臣撮影

 

 ◆埼玉の地域医療支える留学生

チベット動乱が契機

 埼玉県日高市にある武蔵台病院の院長、西蔵(にしくら)ツワンさん(65)は1952年、商業が盛んなチベットの都市、シガツェに生まれた。使用人もいる裕福な家庭で、両親や妹と穏やかな日々を送っていた。

 ところが59年3月、チベット支配を強める中国政府に抵抗した住民たちが蜂起し、鎮圧される「チベット動乱」が起きると生活は一変した。チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世(82)はインドに逃れ、亡命政府を樹立。中国はチベット自治区を発足させ、抵抗する住民を厳しく取り締まった。チベット政府の役人として塩などの交易を担当していたツワンさんの父カルチェンさんはインド滞在中で、帰れなくなった。ツワンさんは通っていた小学校で「ダライ・ラマは国家分裂主義者だ」などと教え込まれるようになる。

 62年の初春の夜。突然、父が一人で家に戻ってきた。貧しいロバ飼いが着る、ぼろぼろの白い服に防寒用の…

この記事は有料記事です。

残り4199文字(全文4616文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです