メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣府

女性への暴力撲滅へ りえさん起用

「りえさん手帖」の主人公りえさんが起用された「女性に対する暴力をなくす運動」のポスター=内閣府提供

 内閣府の「女性に対する暴力をなくす運動」(12~25日)の今年度版ポスターに、「週刊サラダぼうる」で連載中の漫画「りえさん手帖(てちょう)」の主人公、りえさんが起用された。

 ポスター2万7200枚とリーフレット6万5000枚を作製。ドメスティックバイオレンス(DV)、ストーカー行為、アダルトビデオ(AV)への出演強要といった女性の人権を侵害する行為をイラストで表現し、りえさんが「ひとりで悩まず まずは相談!」と訴えている。リーフレット裏面には相談窓口一覧が記載されている。

 作者の西原理恵子さんは幅広い年齢層に人気で、自身も暴力の被害経験があることから、内閣府は2013年度の運動から前作の「毎日かあさん」をポスターに起用。今回はりえさんが登場する描き下ろし漫画も用意した。西原さんは「まず知識として、暴力とは何か知っておけば、それに直面した時、素早く対処することができます。知識がないと逃げ遅れてしまう。それが一番悲しい現実です」と話している。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです