メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『アーダ[新訳版] 上・下』=ウラジーミル・ナボコフ著

 (早川書房・各2700円)

「言葉の魔術師」のすべて

 ウラジーミル・ナボコフの晩年の大作『アーダ』の新訳である。原著は一九六九年刊、日本語には一九七七年に一度訳されているが、残念ながら原著の魅力と真価を伝えるものにはなっていなかった。ナボコフのテクストがいかに複雑で豊かなものか、十分に理解されていなかった頃、よくこんな難しいものが翻訳できたものだと、むしろその大胆さに感心する。

 四〇年ぶりに出た新訳は、ナボコフ研究の第一人者、若島正氏が一〇年以上研究会を重ね、満を持して世に問…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 梅宮辰夫 「やすらぎの刻」で石坂浩二の亡き父役 倉本聰作品に12年ぶり出演

  4. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです