侍ジャパン

日本ハムとの練習試合を引き分け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 野球日本代表「侍ジャパン」は合宿4日目の12日、宮崎市の清武SOKKENスタジアムで日本ハムと練習試合を行い、3-3で引き分けた。稲葉篤紀監督就任後、初の対外試合で、九回表で打ち切る特別ルールで実施。日本は2点を追う三回に4番・山川(西武)の犠飛などで同点とし、再びリードされて迎えた五回には山川のソロで追いついた。

 13日は同球場で西武と練習試合を行い、5日間の合宿を打ち上げる。【細谷拓海】

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文634文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集