メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露首脳

IS壊滅へ連携 シリア和平でも協力

 【モスクワ杉尾直哉】ロシア大統領府は11日、トランプ米大統領とプーチン露大統領がシリア問題に関する「米露首脳共同声明」に合意したと発表した。過激派組織「イスラム国」(IS)が劣勢になったことを念頭に、米露両軍がシリアで連絡を密にして不測の衝突回避を図り、「ISの最終的壊滅」を目指す決意を表明した。

 また声明は、国連主導でスイスのジュネーブを舞台にして開かれてきた和平プロセスの枠内で「紛争の最終的な政治解決」を図ることも合意したと盛り込んだ。

 声明は、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせた米露首脳会談後に発表する想定で、米露…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文771文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです