韓国

李元大統領へ捜査進展の可能性 元国防相逮捕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル大貫智子】韓国の李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クネ)両政権時代、国防相を務めた金寛鎮(キム・グァンジン)氏(68)が11日、軍のサイバー司令部を動員して不正に世論操作したなどとして軍刑法上の政治活動関与禁止違反などの疑いでソウル中央地検に逮捕された。韓国メディアは、金容疑者が不正に関して李氏に報告していた疑いがあると報じており、李氏への捜査が進む可能性が高い。

 李、朴両政権による保守政権9年間で積み重なった弊害をただす「積弊清算」を公約に掲げる文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足して約半年。支持率の高さを背景に、文政権は積弊清算に突き進み、検察も文政権の顔色をうかがう状態が続いている。

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文979文字)

あわせて読みたい

注目の特集